上海養老施設視察2019年2月
上海養老施設視察2019年2月

上海闵行区七宝社区华爱长者照护之家

中国の状況は日本よりも高齢化の波が押し寄せるのが早く規模も大きい。
現在、新しい施設では日本人が考えるよりも快適な施設が運営がされていた。」80床近くの部屋も埋まっており、夫婦で入居されている方も多く見られた。

採光もよく取れており、イメージしていた養老施設とは全く違った。施設には日本の介護施設で働いたことのある職員もおり、丁寧なサービスを心掛けている。また、仕事分担もできており、中国では掃除をする人は掃除をするだけ 介護士は介護分野を専門に管理する。その分スタッフの負担は日本よりも少ないように感じる。この施設は寝たきりの人はおらず、時間のある時に施設で行うアクティビティーをみんなは楽しみにしているようだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です